おすすめ

にゅーすな話 小さな太陽に必要な部品

投稿日:

夢のエネルギー?!の核融合

日本、アメリカ、EUが建設を進める

国際熱核融合実験炉「ITER」イーターに使われる

巨大コイルの初号機が三菱重工二見工場で完成したんだって~

核融合で問題となるのは発生した熱をどうするのか?

ってことなんだけど・・・

どんだけの熱が発生するかというと!

約1億度!

なにもガードせずに核融合させると大変なことになります笑

重水素と三重水素が燃料なんだけど

核融合反応させると1gで石油8トン分のエネルギーが取り出せます

それくらいの熱量でる

1億度の熱をこの巨大コイルを18基と別のコイルも使って

強力な磁場の中に抑え込むんだな~

巨大コイルってどれくらいデカいのか?

高さ16.5m幅9m 総重量300トン

形はD字型

製造費は・・・100憶円×18基なんで

たったの1800憶円ぐらいです笑

このD型のコイルをつなげるんだけど

浮き輪みたいな感じかな~

その中で燃料を核融合させる!!

まさに小さな太陽ってことなのです

危なくないのかって??

核って付くから気になる人はいるだろうけど

核分裂反応とちがって

核のゴミもほんの少しでるぐらい

簡単に停止できて制御しやすい

核分裂の発電所は大変じゃん

停めるだけでもいろいろ手間もあるし

放射性物質のゴミはでまくるし

まだまだ研究の域だけど

20年後には実用化されてエネルギー問題は

解消されていることでしょう~

ってなことでほな~

WikiImages / Pixabay

 

-おすすめ

Copyright© みてみてランドのご案内 , 2020 AllRights Reserved.